大学生の息子がアパートを引っ越しをする事になり、学校で忙しい息子に変わり引っ越し業者の手配から引っ越しまで母親である私がする事になりました。

大手の引っ越し業者に最初は、料金を聞きましたが驚くほど高額だったので、 大学生の単身の引っ越しには、高すぎると大手引っ越し業者は諦め、単身パックがある引っ越し業者を2社見つけて料金と運んでくれる料金を聞きました。 単身パックは、2社とも荷造りは自分達で行い荷物を運んでくれるだけになります。

しかし、自転車を持っていた息子のこの自転車に関して2社の対応が違いました。

 

1社は、カートに乗れば別料金を取らないとしかし、もう1社はカートに乗っても別料金と言われてしまいました。

2社とも単身パックの料金は、そんなに変わらないのに自転車を運ぶ料金が1社がオプション料金と言われ、これがまた高いので驚きました。

結局、自転車も運んでくれるヤマトの単身パックを利用しました。

しかし、単身パックは荷物を運んでくれるだけなので、荷造りが大変でした。

主人と私と、息子の3人で荷造りは行いました。 組み立てのベッドがなかなかばらせず、一苦労しましたが無事に荷造りが終わり、引っ越し当日にはヤマトの人がさすがプロだと思えるような早業で荷物を運んで行ってくれました。 思った以上に引っ越しは、体力を消耗するものだと実感しました。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする