割れ物を梱包するのにはちょっとしたコツがいりますよね。引っ越しの際、割れ物を包むのは業者任せにしないで自分でやる方がお得です。引っ越し業者によって割れ物の梱包サービス料金は違いますが自分で丁寧にコツコツ進めることをオススメしますよ。

なぜオススメかと言えば割れ物を確認できるからです。食器類の他にも割れ物はたくさん家のなかにありますが小さなモノから大きなモノまで確認できるでしょう。引っ越しの機会くらいしか割れ物を確認しない人は余裕を持って自分で梱包しましょう。

梱包には新聞紙があると便利ですよ。新聞をとらない家庭が増えていますが梱包用に知り合いから新聞紙をもらうなどして確保すると良いでしょう。新聞紙があるとないとでは安全性がぜんぜん違います。クレープ紙でもいいですが購入するとなるとその分余計な出費ですよね。

新聞紙で丁寧に包んだお皿は伏せて重ねます。伏せて重ねておき段ボール箱に入れるときは立てるようにして並べていきます。コップはちょっとしたコツがあって、新聞紙でコップをぐるっと一周させたら端をコップの中に入れ込みます。コップがすべて新聞紙でくるまっていることを確認してから段ボール箱に伏せて入れていきます。

 

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする